Loading...
X

aga治療で用いられる薬にはうつ病のリスクがある?

男性にとって薄毛の発症は本当に悩ましいものです。特に20代半ばから30代といった若々しい時期に発症すると外見もすっかり老け込んでしまい、気になる異性の前や仕事で重要な場面などでもどこか自信が失われ、引っ込み思案になってしまうケースも少なくありません。この薄毛の原因として注目されているのがagaという病気なのですが、これは男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素が反応することによって頭髪の成長を抑制する物質を作りだしてしまうという症状のこと。もしもagaにかかると、病院治療などで特効薬を処方してもらうことでこれらを改善へと導いていかねばなりません。

このaga治療薬として最もよく用いられるのがプロペシアという錠剤やミノキシジルという成分を配合した塗り薬です。プロペシアは頭皮の酵素の働きを抑え、ミノキシジルには頭皮の毛細血管を拡張させて栄養分を過不足なく供給させる効果がありますが、その一方で副作用のリスクもあるので注意が必要です。

まずプロペシアには勃起不全や性欲減退といったリスクがありますが、これと同様にホルモンの働きの変化に伴って精神的な作用が引き起こされ、うつ病などへと陥ってしまう可能性も指摘されています。また、ミノキシジルの方にも同様のうつ病のリスクが伴っており、これを使用すると血流が高まって全力疾走した時のような疲労感、息切れ、動悸が生じることがあるのですが、この延長線上に何もやる気が起こらなくなってしまううつ病などのリスクが潜んでいると言われています。これらの症状を感じた時には一旦使用をやめ、医師に相談してみることが必要でしょう。
本当に効果のあるAGA対策とは?│治療費用や副作用徹底調査!はこちら