Loading...
X

楽天銀行カードローンは総量規制対象外?

多くの金融業者が提供している個人向けカードローンは、キャッシングとも呼ばれている人気の商品です。個人としての利用であれば資金使途は自由で、飲み会や旅行、ショッピングなどの様々な場面で利用することが出来ます。また、即日融資が中心のスピード審査を実施しているので、急いでいる時には非常に便利な存在です。このために、多くの人が利用しており、全ての商品の契約者数を合計すると1,000万人を超えているという状況です。

ただし、このように魅力的な内容を備えている一方で、金利は他の商品よりも高めに設定されているので、安易な考え方で利用すると破綻する危険があります。このために、多重債務や債務整理などのトラブルに陥る利用者が増加したということで、法整備の必要性が生じることになります。このような状況の中で2,010年に完全施行されたのが、貝瀬貸金業法です。その目玉は、借り入れ総額は年収の3分の1未満に制限する総量規制という規則です。これは、業者の貸し過ぎと利用者の借り過ぎを防ぐことを目的としています。

なお、現在人気を集めている楽天銀行カードローンは総量規制対象外ということで、年収により借り入れが制限されると言ことはありません。何故、楽天銀行カードローンが総量規制対象外になるのかというと、貸金業者の商品ではないからです。このために、楽天銀行カードローンは専業主婦でも利用することが可能です。これは、楽天銀行カードローンが総量規制対象外カードローンであることのメリットであり、消費者金融などの貸金業者の商品との違いです。ただし、総量規制対象外といっても無制限に利用できるわけではなく、借り入れの上限は一般利用者の10分の1の50万円となります。